Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

こども園(新制度)への移行について

平素よりふたば幼稚園の

教育・保育にご理解をいただき

ありがとうございます。

2015年の4月より始まった

子ども・子育て支援新制度

5年が経過しました。

制度上の課題などは

いくつか見えてきましたが、

ふたば幼稚園として、

この制度の良さを

出来るだけ活用するために、

2017年度より

大田原市との話し合いを

進めてまいりました。

その結果、2020年度より

この制度を活用し、

子どもにとっての

教育・保育の質的な向上及び

制度における保護者の方々の

費用負担の軽減

目指して行きたいと思います。

幼保連携型認定こども園へ移行

 

今までの幼稚園の教育

こあら組(満3歳児)、ばんび組(記念館)の

教育・保育の質の向上に加え、

0歳児、1歳児の受け入れを行い

子育て支援の充実を図った制度です。

現在の幼稚園との変更箇所

変わらないこと

 

・幼稚園名

・教育保育の方針

・園行事

・教職員の体制

・園バスの運行

・ぱんだ組(預かり保育)の実施

・入園までの時期と手続き(園に直接申込み)
 ※1号認定(幼稚園部分)

・お弁当(選択制)

・諸経費など (入園料・施設設備費・行事費・バス送迎費・冷暖房費など)
※金額に関しては、検討中です。

大田原市ふたば幼稚園

変わること

 

・入園までの時期と手続き(市に申込み)
※2号3号認定(保育園部分)
※園に1度見学に来てからの申し込みをお願いします。

・ぱんだ組(預かり保育)の

受け入れ時間

(18:30までとなります。)

・給食(選択制)

・保育料 (市民税・きょうだい区分により決定)
※2019年10月からは幼児教育無償化によって
3歳(年少児)から5歳(年長児)まで無償化

・諸経費などの金額
(入園料・施設設備費・行事費・バス送迎費・冷暖房費など)
※金額に関しては、保護者の方の負担減になるよう検討中です。

大田原市ふたば幼稚園

今までのふたば幼稚園の

理念や方針

大きく変わることは

ありません。

しかしながら、

制度の中で、
① 0歳児、1歳児、2歳児

(保育園部分)の

受け入れ

② 給食の開始

この2点についてが、

今までのふたばのイメージと

変わる部分になります。

大田原市ふたば幼稚園

給食について

 

ふたばでは、

給食お弁当

選択制

取る方向です。

今までのふたばの

お弁当文化

継続したいという想い

お弁当が良いという

保護者の方の要望と

一方で給食の必要性も鑑み

ご家庭の状況に

合わせて

それぞれ選んで

頂きたいと思います。

 

幼児期は、

それぞれ食べる量

個人差があります。

給食を選択した方も

主食であるご飯は、

ご家庭から

お持ち戴こう

考えています。

個々のお子様の

食べる量に合わせて

ご飯(主食)を

用意して戴ければ、

子ども達も幸せと

思います。

昼食の時間

お友達や先生と

会話する楽しさ

食べる喜び

子ども達と共に

味わっていきたいと

思います。

大田原市ふたば幼稚園

2020年度、新入園児についての手続き

 

1.2019年9月2日(月)

1号認定(幼稚園部分)

入園願書配布開始

2.2019年9月7日(土)

入園説明会にて

認定こども園についての

詳細説明

3.2019年10月頃

2号・3号認定

(保育園部分)

市への申し込み開始

4.2020年2月

新入園児説明会を開催予定

詳しくは、

入園を考えている方へを

ご覧ください。

クリック

以上、

2020年度からの

幼稚園の新制度移行に

関する説明を

させていただきました。

新制度に関する詳細は

下記のホームページを

ご確認いただければと

思います。

この制度は

国が教育・保育の量的拡大と

質的向上を

目指す制度です。

お子様を育てるために

必要な費用は

国の制度を

活用することにより、

負担が減る場合が

多くなります。

また質的な向上に関しては

各園が丁寧に努力していくことが

重要だと考えております。

更に、この制度は

働く教職員のためにも

活かす事が出来る

制度でもあります。

移行の時は、

理解の難しさなども

ありますが、

在園の皆様、

これから入園希望の皆様には

ご理解をいただいた上で

ご協力いただければ

幸いです。

国や市の子ども・子育て支援新制度の詳細

 

内閣府HP
大田原市HP

PAGE TOP